リノベーション事業
リノベーションキャパ、本格的に事業化しました。
貴重な資源をよみがえらせて利用する!
10,000回の充放電サイクルの二次電池とウェザーシンクロシステムを搭載した ソーラー照明灯『ミドルキャパ』は弊社の営業力がないにもかかわらず 商品の良さが徐々に認められ新設設置台数も大きく伸びており 2014年度には累計設置台数が3,000台を超えました。一方で、ミドルキャパの 新規の売り込みの営業先のお客様から新設でなく『昔設置して 今もう点灯していないもの(他社製)があるがなんとかならんか』とか、『昔設置してバッテリー交換時期で交換予定(他社製)だが 交換費用が非常に高いので困っている』というようなご要望を非常に多く頂くことに気づきました。これらは新規に設置する話ではなく、既設済み(他社製)のリノベーションを行う事業になりますが、このようなリノベーション事業は、貴重な資源をよみがえらせて利用させることができる社会貢献の大きい事業であり新設の事業と同等に事業展開していくことに致しました。

 

リノベーションキャパとは・・・
既設のソーラー照明灯をリノベーションでよみがえらせる!
  1. バッテリー(主に鉛蓄電池)寿命などが原因で点灯しなくなったソーラー照明灯、
  2. バッテリーの交換時期だが交換費用が非常に高くて困っている、
  3. バッテリー交換時期なのでこの機会に最新のバッテリーやLED灯にリフレッシュさせたい、
上記のような既設のソーラー照明灯を弊社がリノベーションさせて頂きます。
ここがポイント!
  1. もともと必要な鉛蓄電池の交換費用と同等額で、リノベーションキャパに変更可能!
  2. 商品価値の内、基礎工事代金、ポール、ソーラーパネルなど商品価値の大部分を 捨てずに利用可能!
    (◎ 弊社の技術者が事前に診断させて頂きます)
  3. リノベーション後は15年以上はバッテリー交換は不要となります。
  4. バッテリーだけでなくLED灯具やソーラーパネルも 最新の効率のいい新品に交換可能です。
    (◎ ご予算に合わせ相談させて頂きます)
【 電池寿命の比較 】
鉛蓄電池
高サイクル
リチウムイオン電池
事 例 紹 介
無駄な費用をかけず、必要な部分だけ新しく!
事例1
点灯時間が長くなり、明るさもアップ。
電池ボックスを撤去し足もとすっきり。
東京都江戸川区新中川沿いの事例です。
【朝まで点灯可能に 】
以前はバッテリーが持たないため夜の12時には消灯しなくてはいけなかったのですが、ソーラーパネルと 灯具を一新したことでリノベーション後は朝まで点灯可能に。明るさがアップしました。
【不要なものはすっきり撤去 】
コンクリート土台に設置されていたバッテリーボックスは 不要になり撤去。すっきりしました。
事例2
老朽化したまま放置するのは危険な場合も!
【古い鉛蓄電池から電解液が漏れる危険な状態 】
小学校横の公園に設置され、不点灯になっていた鉛式ソーラー照明灯をリノベーションしました。
鉛蓄電池が古くなり、不点灯なだけではなく電解液が漏れ出している危険な状態でした。触れるとあぶないため、急いで交換。
リノベーションにより不点灯も解消。
安全なソーラー照明灯として生まれ変わりました。
事例3
一般的な形状以外のタイプでも
リノベーション可能です! - 1
事例1、事例2のような、一般的な形状のソーラー照明灯だけでなく、下の写真のようにポール側面にソーラーパネルが付いた形状など、特殊なタイプでもリノベーションが可能です。
事例4
一般的な形状以外のタイプでも
リノベーション可能です! - 2
バルタン星人のような旧ソーラー照明灯が、すっきりしたソーラー 照明灯に変身できました。
ポールの腐食が激しかったのでついでにポールの塗装もしました。
事例5
一般的な形状以外のタイプでも
リノベーション可能です! - 3
下の写真のようにトップに風車が付いた形状など、特殊なタイプでもリノベーションが可能です。
事例6
ソーラーパネルも照明器具もすっきり小型化に!
【 すっきり小型化! 】
東北地方某市役所の駐車場にある ソーラー照明灯をリノベーションしました。
【 ウェザーシンクロシステムを新たに搭載 】
 もちろん、制御回路もエル光源製となり、ウェザーシンクロシステムを搭載しています。

▲TOPへ戻る

©L-kougen co.,ltd All Rights Reserved.