蛍光管交換用 直管形LEDランプ JGBシリーズ エル光源

JGB
20W以下の安定器式グロー球点灯方式の蛍光管に限れば、そのまま(結線工事もなし)にLED蛍光灯に交換できます。
弊社のLED蛍光灯以外にも世の中には沢山の種類のLED蛍光灯が販売されています。また、交換しようとしている蛍光管も種類が沢山ありどのLED蛍光灯を選べばいいか判断するのは難しいです。弊社のJGBシリーズはどのような場合に使えるか解りやすく解説しました。
LED蛍光灯の選び方
JGBシリーズの基本仕様
JGB10 JGB20 JGB40
用途 10W形蛍光管交換用 20W形蛍光管交換用 40W形蛍光管交換用
口金 G13 G13 G13
管長 330mm 580mm 1198mm
管径 24mm 24mm 31mm
重量 73g 120g 450g
調光機能 非対応 非対応 非対応
光色 5000K 5000K 5000K
入力電圧 AC100V AC100V AC90〜230V
電源周波数 50Hz/60Hz 50Hz/60Hz 50Hz/60Hz
定格消費電力 3.0W 安定器あり
3.4W 安定器なし
5.7W 安定器あり
6.4W 安定器なし
18W
力率 0.9以上 0.9以上 0.88(typ)
設計寿命 60,000時間 60,000時間 40,000時間
全光束 480 lm 720 lm 2000 lm
演色性 Ra 80(typ) 80(typ) 83(typ)
電気工事 不要 不要 必要
保証 3年 3年 3年
20W以下の安定器式グロー球点灯方式の蛍光管に限れば、そのまま(結線工事もなし)にLED蛍光灯に交換できます。
JGBカタログ 2015.09版PDF
JGB10 仕様書/図面
JBG20 仕様書/図面
JBG40 仕様書/図面
JGBシリーズ納品事例JGB10・20はこんなところで使われています。
目で見ても判りませんが本商品は点滅しています。
このため、事務所や工場など、その照明下で長時間滞在し作業 をしたりする目的の照明にはあまりお勧めできません。
しかし、そうでない以下のような用途で数多く採用され、 2008年の発売以来、1本の不点灯不具合もなく点灯しております。
●主な使われ方
防犯灯、集合住宅の通路灯、道路/鉄道のトンネル内照明、看板照明、表示版内照明など
東日本にある公衆電話ボックスの蛍光灯は、2009年以降、累計68,000本 のJGB10/20に交換されてます。使用事例「公衆電話ボックス」、「防犯灯」、「マンション通路灯」、「自転車置き場」
JGB40はこんなところで使われています。
事務所、工場、店舗、病院などあらゆる場所で使われてます。
JGB40の使用事例:会社事務所での利用
JGBシリーズのご利用で電気代がお得になります。
電気代削減目安
(前提条件)… ¥22/Kwhで従量電灯契約 12時間/日356日点灯の場合
  JGB10 JGB20 JGB40
電気代削減目安 約900円 / 年 / 本 約1,650円 / 年 / 本 約2,100円 / 年 / 本
FL10蛍光管との比較 FL20蛍光管との比較 FL40蛍光管との比較
JGB10、JGB20を電気工事なしで使う場合の注意点
JGB10/20は、以下の長所と短所があります。それらをご理解の上でご使用頂くため以下説明を
よくお読みください。
長所
@
グロー球を外して頂く以外工事は不要ですのでだれでも簡単に取り換えが可能です。工事費も発生しません。
A
AC100Vを全波整流しピークをカットしているだけのシンプルな回路で非常に壊れにくいです。
コンデンサも使っておらずノイズもほとんど発生致しません。ノイズ測定結果

短所
@
目で見て判らない程度ですが、1秒間に100〜120回のOn/Off(点滅)をしております。
事務所などの人が長時間光の下で滞在するような場所での使用をお勧めできません。
A
JGB10、JGB20は電気工事なしにそのまま交換して使えますので、交換後の回路上に蛍光管用の安定器と雑音防止コンデンサが残ります。  蛍光管で使用する場合にくらべ電流値が大幅に小さくなりますのでこのままでも問題なく点灯しますが(実際にこれらが理由で不点灯になった事は初めて納品してから4年以上経ちますがこれまで発生しておりません)、もしこの安定器とコンデンサが壊れた場合は以下の簡単な方法で対策願います。
安定器と雑音防止コンデンサの寿命に関して
蛍光管をそのまま交換しますので、もともとの蛍光管用についていた安定器(コイル)とグロー球に並列で取 り付けてある雑音防止コンデンサがLED 蛍光灯に取り替えた後にも回路上に残ります。
JGB シリーズ蛍光灯自体は5 万時間の長寿命設計ですが、もし、これらに寿命(ショートモードorオープンモードで壊れる) がきた場合、JGB シリーズ蛍光灯が破損することはないですが、一時的に不点灯になる可能性があります。
実際には蛍光管の場合に600mA 程度流れる電流がJGB シリーズ蛍光灯で点灯する場合は1/10程度の 電流値で使用することになり安定器の寿命も大きく伸びるためこのような事態が発生する可能性は少ないと 思われます。
実際に、2008 年に発売開始以来7 万本以上を設置しておりますが実際にコンデンサも安定器 も壊れて不点灯になる事例は2013 年4 月現在一件も報告されておりませんが、もしも、コンデンサor 安定 器の故障した場合は以下の如く対応して下さい。
そのまま交換した場合(LED蛍光灯JGBシリーズの点灯回路 通常時)
対応策 その1/安定器(コイル)がオープンモードで壊れる場合は、壊れた安定器を外して下さい。再びJGBシリーズLED蛍光灯は点灯します。
対応策 その2/安定器(コイル)がショートモードで壊れる場合、そのままでも点灯しますが、念の為、壊れた安定器を外し、結線して下さい。
対応策 その3/コンデンサがショートモードで壊れる場合(実際にはコンデンサはオープンモードで壊れるものですのでショートモードで壊れることはあまり考えられませんが・・・もし、そうなった場合、コンデンサを外すとJGBシリーズLED蛍光灯は点灯します。)
対応策 その4/コンデンサがオープンモードで壊れる場合は、JGBシリーズLED蛍光灯はそのまま点灯し続けます。
おすすめ!可能性は低いですが、将来上記のような工事を確実に避けるためには、最初にJGBシリーズ蛍光灯を取り付けるときに安定器と雑音防止コンデンサを外す以下の工事を行って下さい。(回路としてはAC100VをLED蛍光灯の両方のピンに接続するようになればいい。)
ご購入・その他お問い合わせ先
sakuma@l-kougen.co.jp / 03-5679-3955 佐久間まで
JGB
Copyright(C) 2005- L-kougen co.,ltd All Rights Reserved.