リチウムイオンソーラー照明灯 ミドルキャパプラス(MDCP)
よくある質問
その一 蓄電池に東芝製の新型リチウムイオン電池SCiBを採用。
A1
ソーラーパネルが照度センサーを兼ねています。
ソーラーパネルの発電電圧が約7分間なくなると点灯します。また、発電電圧が約1分間発生すると消灯します。

A2
可能です。
ただし、夕暮れもしくは点灯中にモードを変更する場合、 モードスイッチをOFF入れないよう注意してください。 一度OFFに入れてしまった場合、その日は点灯しない可能性があります。

A3
可能です。
お客様にて延長電線をご用意いただき、バッテリーボックス-LED灯具間の配線を延長してください。
線径の目安
40mまで:1.25SQ
80mまで:2.0SQ
80m以上:ご相談ください

A4

標準品(50Wpソーラーパネル)では
ソーラーパネル-バッテリーユニット間
最大電圧:約22V
最大電流:約3.2A
バッテリーボックス-LED灯具間
最大電圧:約28V
最大電流:約1.0A
となっております。


A4
必要ありません。
キャパシリーズはバッテリーおよび制御系統が樹脂ケースに納まっているため感電の心配はございません。また、商用電源を使用しておりませんので誘導雷の恐れもございません。

A4
キャパシリーズは独立ソーラー照明灯なので商用電源を使用していません。そのため、誘導雷の恐れがないため雷対策は必要ありません。

A4
絶対に行わないでください。
キャパシリーズは商用電源を必要としないため、電気用品安全法には適応されません。 また、動作電圧30V未満の機器なので、電気工作物の対象外となります。したがって、上記試験の法律上の義務はございません。もし不適切な方法で上記試験を行うと、内部回路を破壊する恐れがあります。

A4
周囲照度が約20lx程度で点灯します。

A4
最低限、1年を通して、正午を中心に前後3時間(つまり9時〜15時)の時間帯に パネルに影が出来ない状態で日が当たることが必要です。

A4
  必ず南に向けて設置をお願い致します。

A4
  弊社のソーラー照明灯と一般に市販されているDC12Vの灯具等を 繋いで使用することは出来ません。
   世の中の一般的なLED灯具は、灯具にLED駆動回路を内蔵しています。 それに対して弊社
  ミドルキャパシリーズは、LED駆動回路を本体側に搭載しています。LED灯具の内部は
   LEDのみの構成になっております。

  ※弊社ミドルキャパシリーズと市販の照明器具を繋ぐと故障の原因になります。

よくある質問ボトム
Copyright(C) 2005- L-kougen co.,ltd All Rights Reserved.